あの日見た景色

今更だけど、本当に今更なんだけど。

どうしても忘れたくないしいつまでも大切な思い出として、文字にしていつでも見返すことができるように、記憶が薄れないうちに

3月26日

SixTONES 単独公演について私が思ったことを書きたいと思う。

 

ただ、あまりにも詰め込まれすぎた一日だったし一曲ずつ事細かに書くことは私の語彙力と集中力では不可能だと思うので、私が単独公演で感じたことをそのまま書いていくことにします。

 

 

3月26日  待ちに待ったSixTONES 単独公演

この日が初めて入るSixTONESの公演だった。

始まる前からドキドキして、ソワソワして、その時間さえも楽しかった。

いざ公演が始まると本当に楽しくて、6人が大きなステージで歌ってるのも、6人とファンが一体になって作り上げるステージも全部が全部最高だった。

 

どの曲もとにかく盛り上がる。

MCはやっぱりおもしろくて終始笑っていたし、京ジェの歌唱力は本当に凄いし、それぞれのソロは個性が本当に生きていて、今まで見たどのコンサートよりも楽しかった。

私個人としては樹担なので、みんなでできた樹コールと笑顔でステージに立つ樹を見れたときの喜びはこの先ずっと忘れないと思う。

 

 

いつも画面越し、紙面越しで見ていたSixTONESを生で見れる喜び。

大きいステージにはSixTONESの6人がいて。

その会場にはSixTONESを応援しているファンがいて。

素敵な空間だった。本当に。

 

 

横浜アリーナで、6人が自分たちの歌を歌っているのを見て涙が止まらなかった。

どの曲も盛り上がるし、構成は考え抜かれているし、Jr.って一体何なんだろう?と思ってしまうほど。

 

 

やっとここから本題(本題までが長い)

私が1番記憶に残っている、感動した曲がある。アンコール前のBeautiful Lifeだ。

あの瞬間、横浜アリーナが綺麗に赤色に染まった瞬間。涙が止まらなかった。

6人とファンが1つになった瞬間だった。

6人が歌っている姿と、綺麗に赤く染まる会場を見て  この景色を一生忘れたくない  と思った。

 

この時間が一生続いてほしいと、

この6人をずっと応援していたいと、

心から思った瞬間だった。

 

ステージに立つ楽しそうな6人をこれから何があっても応援していこうとあらためて思った。

 

 

 

決してうまくいくことばかりではなかった6人が、こうやって大きいステージに6人で、SixTONESとして立っていた姿を、この先何があっても絶対に忘れたくないと思ったので初めてブログというものを書きました。

 

単独公演で見た6人は、私が今まで見てきたどのグループよりも強くて、格好良くて、これからも成長し続けてもっと大きいグループになっていくんだろうと思います。

 

どこまで行けるかは分からないし、いつまで続くかも分からない。それは今まで長い間色々なグループを見てきたので分かります。

今日があるからといって明日もあるかは分からない、永遠を信じていても終わりは急に来たりします。

でも、何があっても私はこれからもSixTONESの6人を応援したいと思ったし、これから先、何があっても思い出すのはSixTONES 6人とファンで作り上げたあの景色でありたい。

 

 

 

樹が言っていた「次はもっと大きい会場で」という言葉が叶いますように。

これからもSixTONESとファンで素敵なステージをたくさん作っていけますように。

 

 

 

 

最後に、4月20日  田中樹くん入所日おめでとう。

アイドルになってくれて、アイドルを続けてくれてありがとう。

大好きだよ。

 

 

f:id:six15:20180421185137p:image